潜在意識を使ってなりたい自分になるのに一番大事なこと

潜在意識
スポンサーリンク

はい、では、『なりたい自分になる』ための一番のポイントについてお話しますね

 

なりたい自分になるために必要なこと

 

それは、

具体的にイメージする事

です

 

えっ?それだけ?じゃあ読むのやーめた

って、思う前にもうちょっとだけ読んで判断してください

 

『具体的にイメージ』って言うと、「はいはい、よくあるやつね」

と思われるでしょう

 

でもね、この具体的ってやつなんですけど、

とことんやってください!

 

とことんやらないと意味がありません

 

なぜなら、とことんイメージできてないと、臨場感が持てないんです!

中途半端なイメージでは臨場感がよわよわで弱すぎるんです!

 

そんな弱い臨場感では、潜在意識なんて変わらないんです!

 

あなたが変わるには、とことんイメージして臨場感を強く持つことで、潜在意識に『勘違い』をさせなければなりません

 

何を『勘違い』させるかというと、それは

あなたがイメージしたことを現実だと勘違いさせるのです

 

例えば、あなたの望みが【他人と堂々と話す】だとします。

現状のあなたは【他人とおどおど話してしまう】としましょうか?仮の話ですよ(笑)

 

現在、あなたの潜在意識は【他人とおどお話してしまう】と認識しています。

この時、あなたは、あなたがどう思おうと、どんなに努力しようと、無意識に【他人とおどお話してしまう】状態になります。潜在意識の認識どおりに現実がなるよう、あなたを導いているからです。

 

そこで、潜在意識の認識を【他人と堂々と話す】に変えていきます。その方法は臨場感をもって強くイメージします。

 

強いイメージで勘違いさせることによって、潜在意識はあなたが【他人と堂々と話す】事が現実だと認識するのです。

 

すると、今度は、あなたが意識しなくても自然と【他人と堂々と話す】ようになります。

潜在意識が認識している【他人と堂々と話す】事が現実になるように、あなたを導いていくからです。

 

これが潜在意識の力です!!

 

なぜイメージするだけで潜在意識が変わるのか?それは脳の仕組みにある

 

なぜ、イメージする事で潜在意識が書きかわるのかを、ここではそれをお話ししたいと思います。

まず、脳は現実に起こったことと想像(イメージ)したことの区別ができないんです。

実は、これは科学的な実験で証明されているんですね。

どういった内容かと言うと、

①脳波を測る機械をつけます

 ②実際に運動します

 ③次に、同じ運動をしているイメージをします
 
 ④この時の脳波を図ると、②と③の脳波は、ほぼ同じでした

 

だからイメージを徹底的にすることで、イメージしたことが現実だと、脳に認識させることができるんですね~

ところで!

なんで脳が勘違いすると潜在意識がかわるの?
ってお思いますよね?

それは潜在意識も脳の機能の一部だからなんですよー

 

どういう事かというと

①イメージ(想像)する事で、脳が現実だと認識する

②イメージ(想像)が、現実に起こっていることとして、潜在意識に体験として残される

③潜在意識はイメージをもとに行動しだす

というわけです

これを人間関係に置き換えて、説明してみますね

①『堂々と人と話している状況』をイメージする事で、脳が現実だと認識する

②『堂々と人と話している状況』が、現実に起こっていることとして、潜在意識に体験として残される

③ 潜在意識は『堂々と人と話している状況』をもとに行動しだす

となります

もちろん、1回や2回イメージしてくらいで、現実=行動は変わりませんけどね~

ポイントは

臨場感をもってイメージする

何度もイメージする

です!

 

まとめ

今回は、潜在意識を変えるにはイメージ力が大切だという事をお話ししました

なぜイメージする事で潜在意識が変わるのか?それは脳がイメージしたことと現実を区別できないからです

ですので、なりたい自分になっている状況を徹底的にイメージし、脳に勘違いをさせることで、潜在意識を書きかえることができます。

潜在意識がなりたい自分に書きかわれば、あとは、あなたが意識しなくても、勝手に自然になりたい自分に向けて必要な行動をとっていくことになるのです

自分を変えようとして、嫌なこと嫌いなことを必死に努力して行動するのと、
潜在意識を書きかえ、自分で自覚しなくても、いつの間にか勝手に目標に向かって行動するのと、どちらを選びますか?
 

 

 

 

コメント